見THAI! 知りTHAI! Local Spot!

タイと日本と少しネコ

Barn & Bed Hostel ゲストハウス【バンコク】

ゲストハウス@Barn & Bed Hostel

【訪問日】2018.6
【時 間】1泊2日
【費 用】440Baht/1人
【場 所】プロンポン

ゲストハウス好きな妹が今回とった宿がこちらで、とってもよかったみたいなので記すことにします。
ゲストハウスってなかなか快適そうでびっくりでしたよー。

アクセス

プロンポン駅から徒歩1分!
食堂イムちゃん横の細い路地を入り、サスティナの向かいにあります。
入口がちょっとわかりにくいかも?

こんなところがあったの知っていましたか?

はい、私は知りませんでした。
本当に駅前ですんごく好立地!!
妹から今回ここに泊ってみると連絡が来てから、どんなとこなんだと見に行ってみた次第です。
サスティナには何度も行っているのですが、全く気付いておりませんでした。

サスティナ側から見た外観。
外観からして清潔感ありそうな雰囲気ですよね。

というわけで、宿泊当日なぜか私も内覧と説明を聞くことになり写真をパシャパシャ撮った次第です。

ゲストハウスって安すぎ!

私はと言うと、ゲストハウスに泊ったことが無いので驚きだったんです。
受付には若いお兄さんやお姉さんが交代制でいらっしゃって、ていねいな対応。
タイ人でしたが、英語もぺらぺーらです!

こちらは、入口入ってすぐの玄関口。
タイルはひそかにタイ文字。
右端のこの階段をあがるとリビングや宿泊部屋になっておりました。

写真は撮れていないのですが、
2階はリビング兼コーヒーが飲めたり朝食が食べられる場所になっていました。
ちなみに、1泊441Bahtという金額で朝食までついてくるんですよ。
たしか、サンドイッチと言っていて、アレルギーは無いか聞かれていました。

この2階から上に上がる前に靴置き場が設置されていました。

各階にはこのようなくつろぐスペースも。

よく見てみると、
1段目はタイ文字であいさつを表していて、
2段目は読み方
3段目は英語で意味が書かれています。

こちらは女性専用の部屋。
男女兼用の部屋もある様なのですが、ここのゲストハウスには女性専用があるのでよかったとのこと。

中を覗いてみると、こんな感じで1つ1つ区切られている上に、照明もちゃんとついてるんですね。
カーテンもついているので、周りがいつ寝たのかわからなかったとのこと。

こちらはシャワールーム。
こちらも各階についており、もちろん共用です。

洗面所。
オープンスペースに設置されており開放感もあり良さそうでしたね。

チラシ&Facebook&予約

こちらはチラシです。
こういうものまで作っているとはなかなか本格的!

Facebook
https://www.facebook.com/barnandbedbkk/


予約は
AGODA
www.agoda.com

Booking.comwww.booking.com

などなどお好みのサイトからどうぞ。
って、私は決してここの回し者ではございません。

私が泊ったわけではないので、妹の感想としては、
リピ決定!だそうですよ。

またAGODAでは9.1の評価
Booking.comでは9.3の評価

旅行者の方でゲストハウス探している方はご参考までに。

MADAME@Langsuan タイ料理 ビアバー【バンコク】

タイ料理@MADAME@Langsuan

【訪問日】2018.7
【時 間】1hour
【費 用】700Baht/2人
【場 所】PORTICO2階

タイ料理を毎日食べないと気がすまなくなってしまいました。
これは中毒ってやつかもしれません。
というわけで気軽に入れるタイ料理屋さんを求めてこちらへ行ってまいりました。
思っていたより結構よかったのでリピ決定です!

アクセス

チットロム駅から徒歩5分ほど
ランスアン通りに面しているPORTICO2階にあります。
1階はレモンファームやBeerBridgeがテナントに入っております。

ローカルな味付けだった

私はまず、洗練されたレストランの味付けも好きですが、最も好きなのは食堂やフードコートなどローカルな味付けが好きなのです。
なので、ここは結構気に入ったのでまた来ようと思いました!

写真が真っ暗で見えにくい&美味しそうに見えないのですが、悪しからず。

ガイジャイを注文したはずが、間違って作ってしまったらしい。
まぁそれぐらいOKOK!
ガイジャイは鶏肉なので、それの豚肉バージョン。
このタマリンドソースが決め手なのかな?
この豚肉も柔らかめで美味しかったですー。
ビールのいいおつまみ。

これは好き嫌いが分かれると思いますが、タイ料理の定番!?
豚ミンチとハーブと玉ねぎが決め手のラープムー。
まぁまぁの辛さでこれがまたたまらないのです。

食べ始めて気づいて写真を撮ったソムタムカイケム。
ソムタムに塩卵が入っているのです。
何も言わなかったので、まぁまぁ辛かったですが、うん美味し!

中華とタイ料理を合わせたような味で全く辛くないスープでした。
よくスーパーで見る卵豆腐ってこうやって使うんですね。
トム・ジュー・トーフ・ムーサップ。

ヤムのコムヤーン。
最近ヤムの美味しさに目覚めてしまいました。
さっぱりとイイ感じです。
コムヤーンも柔らかめ。

最後の締めに食べたクイティアオ。
クリアスープに麺はセンレック。魚のつみれが入っております。
これは、可もなく不可もなく。

いやぁぁ2人で結構な量を食べてしまいました。
でも満足満足。

ここはビアバー?

PORTICOの2階に階段で上がると左手にキラキラした装飾が。
タイ料理のお店ってまさかのこちらでした。
思ってた雰囲気と違う!!
でも、突撃。

入口を入るとサーバーやお酒がずらり。
まさかの展開。

飲み物メニューを見ると、カクテルや生ビール。
裏面にはジュースもありました。

私はこのメニューにはなかったのですが、瓶ビールを。
チャンしかないそうです。
なんでもいいので、それを注文。
あとで、レシートを見ると89Bahtだった様です。

テラス席。
前からここはいったい何屋さんなんだろうと思っていましたよぉー。

大きなテレビも設置されております。
サッカーを見るんでしょうね。

メニューはありすぎて困る

困りました。
しかも、こちらのお店ヤムだけでもこんなにずらりと。

というわけで、タブレットの写真入りメニューを見せてくれたのでそこからもチョイス。
全部が全部、本来のメニューが写真に載っていないのでそこらへんは悪しからず。
でも写真があるとイメージがしやすいし助かるー。

デザートもありますよ。
これは近くにできたアイスクリーム屋さんの。
にしても、1カップ130Bahtってそこそこしますね。

タピオカ入り紅茶 【バンコク】

タピオカ入り紅茶@COCO

【訪問日】2018.7
【時 間】5min
【費 用】50Baht
【場 所】Mercury2階

バンコクって持ち帰りのお茶屋さんがたっくさんありますよね。
最近はまっているお茶について記したいと思います。

アクセス

Mercury2階
チットロム駅からスカイウォークでつながっており直結しております。
赤い建物なので遠くからでも目立っていていい目印ですね。

COCOってどんなとこ?

公式HPを見てみると、1997年に1号店を台北にオープンさせて以来、現在では世界で2500店舗以上も展開している様です。
日本にも2018年現在、東京に3店舗3あるようですね。

公式HP
http://en.coco-tea.com/

バンコク内にも現在の所16カ所あるようです。
アジアティーク、プラティナム、サイアムスクエアワン、バンカビモール、オンヌットのテスコロータス内、ビクトリーモニュメント、エムクオーティエ、サイアムパラゴン、メガバンナなどなど。

絶対にこれ!

なんと言ってもおススメはこれですね。
PEARL Milk Tea
日本語で言うと、タピオカ入りの紅茶です。
タピオカと言っても、大き目の黒いモチッとしたタピオカでこれで1食分になってしまうんじゃないか!?というぐらいのモチモチ具合。

写真はわかりにくいんですが、結構な量が入っています。
ちなみにこれは、Rサイズで50Baht

注文方法

いたってシンプルで、メニューがたくさん書いてあるので、はじめは見つけられなかったのですが、
PEARL MILK TEAは上から2つめ。

指差しをすれば、OK!
サイズを聞かれるので、指差しをしてもイイですが、私はいつも「タマダ―」と言ってRサイズを注文。

他にもいろいろとトッピングがあって、
一度、タピオカではなくてGRASS JERRY(薬草のゼリー)を入れたことも。
こちらの方は量はたくさん入りますが、モチモチではないのでボリュームはそこまで感じませんでした。
これもツルリンっとした食感がイイ感じです。

さらに、写真を見ると分かるように、お茶をパッキングしてくれるのも特徴ですね。
店員さんに、ストローをさすか?と聞かれるので、
私は「アオ ガッバン」と言っていつも持ち帰っております。
すると、ビニール袋に入れてくれるので便利。

ポイントカードもあるよ

50Bahtで1個ポイントを押してくれて、10個貯まると1杯無料の様です。
あっという間に貯まってしまいそうですが、その頃に太っていないことを願います。

BONJOUR FRANCE イベント【バンコク】

イベント@BONJOUR FRANCE

【訪問日】2018.7
【時 間】1hour
【費 用】無し
【場 所】CentralWorld1階

こちらのイベントをFacebookで知っていたので、
特に予定もないし行ってみようかということでお買い物ついでに立ち寄ってみました。

アクセス

セントラルワールド1階
ZENからWorldに行く通路で行われています。

セントラルワールドへは、チットロム駅からサイアム側に出てスカイウォークで繋がっています。
ただし、今回のイベントは1階なので、1階玄関から入るとわかりやすいかもです。

場所は、1階のあちこちで点在してイベントを行っていました。
こちらが地図。

今日は何の日?

あーなるほど。
今日7月14日は、フランスの独立記念日なんだそうですね。
だから?フランスフェアを開催しているんですねぇ。
フランスではパリ祭りと言って、一日中花火が上がり、パレードが行われ、美術館が無料開放され、
みんなで盛大に祝う日のようです。

参考URL
https://ja.wikipedia.org/wiki/パリ祭
https://jams-parisfrance.com/info/paris_14juillet/

食べ物編

今回のイベントは食べ物と生活用品にわかれておりましたので、まずは食べ物編を。

フランスと言えばワイン?
というわけで、フレンチワインフェアの時の様な、ワインショップが並んでおりました。
テイスティングもお店によっては無料だったり、20Bahtだったり。

外国人たちが爆買いしておりましたよ。

3本で1500Bahtとか〇本でいくらというワインも多く、
更に全体的に、1本1000baht未満の物が手軽に買いやすそうでした。

バターもありました。
1個220Baht。
でも、これはCentralChidlomにも売っているのです!
Worldのフードホールには売っておりませんでした。

チーズ屋さん。
その場で食べることもできるみたいで、オジサマが紙皿に乗せてパクパク。

さらに、同じお店内なんですが、オレンジ味のマドレーヌやカヌレを販売。

グラタンの素を実演販売しているお店も。
試食をじゃんじゃん出しているので私も一つ頂きました。
手軽にこういうのができると楽ちんですね。

PRESIDENTというお店が出しているクロワッサンは美味しすぎました!!
1個35Baht。

かわいいデザートショップ。

他にもたくさんあったのですが目に付いたものはこんな感じでした。
やはり、食べ物コーナーにたくさんの人がいますね。
1カ所写真が取れなかったのですが、クッキーの様な物をたくさんの人が囲んでいるブースもありましたが、なんだったのかはよく見えず。謎のまま。

生活用品系もあったよ!

今回のフェアは食べ物だけじゃないのです。
でも、普段こういうのを見る機会も少ないので珍しいのか高いのか安いのかはわからず。

LOREAL
確かにこれもフランスでしたね。
ただ、このシャンプーはバンコクでは結構お安く販売されていますよね。
マツキヨでよく99Bahtになっているのを見かけますね。
お化粧品関係も少し販売されていました。
f:id:misakoko:20180714210234j:plain

ココの靴屋さんにすんごくたくさんの人が群がっていたので私も少し参戦してみましたが、
写真の一番手前の靴はレザーで柔らかかったですよ。
奥の靴は雑然と置かれているのですが、なぜかというとみんなが次から次に取り合いをしているからなのです。
お値段が300Bahtを切っておりました。
f:id:misakoko:20180714210240j:plain

ペン屋さん。Caran d'Ache
私はこういう物に疎いので初めて知ったのですが、
こちらはスイスの高級筆記具ブランドなんですね。
えーーっと、、、フランスフェアじゃなかったっけ。

公式HP
www.carandache.co.jp

f:id:misakoko:20180714210248j:plain


キャットフード屋さん ROYAL CANIN

我が家も日本でネコをずっと飼っていたのでこちらのブランドは知っておりました。
が、フランスが本社だったとは。
記事を読んでいると、製造元が韓国になるかもしれないということで、消費者は揺れているんでしょうか?
https://www.royalcanin.co.jp/new/company/

f:id:misakoko:20180714210255j:plain


スパ系も勢ぞろい
このブースのあたりを通るといい香りがしてまいりました。
こういうのが好きな方には幸せな空間かもしれませんね。
私は基本的に無臭が好きなので前を通り過ぎただけでした・・・。
f:id:misakoko:20180714210308j:plain


あと、中央ではイベント会場になっていて、時間によってはイベントも行われている様です。
私たちが行った時間はエールフランスのPRタイムだった様ですね。
f:id:misakoko:20180714210314j:plain

こちらがタイムスケジュール。

セントラルワールドにお買い物ついでに立ち寄ると結構面白いイベントでした。
お見えが点在しているのがちょっと難点でしたが、来年もあったら行こうかなー。

イムちゃん タイ料理 食堂【バンコク】

タイ料理食堂@イムちゃん

【訪問日】2018.7
【時 間】1hour
【費 用】900Baht/3人
【場 所】プロンポン

チムチュム屋台に行こう!と意気込んでいたのですが、雨が降りそうだったのでイムちゃんに変更!!
はじめてのイムちゃんでした。
イムちゃんの魅力について考えてみました。

アクセス

プロンポン駅前。
駅を出て階段を降りて、soi39に行くまでにあります。

イムちゃんの魅力について

お昼時や夜なんかは常に超満員の大人気店!
そんなイムちゃんの魅力を考えてみると、

1.プロンポン駅前という好立地!!
  これは、旅行者としてはありがたいポイントですよね。

2.オープンエアな食堂で入りやすい!  
  中には、気になるんだけどドアを開ける勇気が・・・
  というおみせってありますよね。
  でも、そういうこともなく、こちらはオープンエア。
  雰囲気が分かりやすくこれもポイントが高い!

3.好立地な割にはリーズナブル
  ローカル価格ではありませんが、立地を考えるとお手頃。
  
4.メニュー表記が日本語
  これは日本人にはありがたいポイントです!
  それに写真付き。

といったところでしょうか??
しかし、正直、思っていた味とは違っていたというのが率直な感想。
バンコクに来てからというものの毎日タイ料理を食べているので、ローカルな味付けに慣れてしまって外国人向けというのに物足りなさを感じたのかもしれません汗

今回のチョイスはこれ!

お隣にイサーン料理のお店ができて、イサーンメニューも選べるようになっていました。
私ってイサーン料理が好きなんです。
というわけで、

「ソムタム」
これは、辛くしないでって言うのを忘れていて、結構な辛さでした。
一緒に行ったあとの2人は辛くて食べれなかったので、私は黙々と食べておりました。
是非、注文されるときは辛くしないで(マイペッ)を忘れずに。

「ガイヤーン」
鳥の炭火焼き。
ここのは、だいぶ小ぶり。

「クンオップウンセン」
海老の春雨蒸し。
んーー。これは、春雨がすんごく柔らかくてちょっと私の好みではなかったのです。
海老は、4匹ぐらい入っていて食べ応えはありました。

「イカのガーリック炒め」
3人でこれは、写真とは違うねって満場一致してしまいました。
味付けは美味しかったのですが、イカがポロポロなってちょっと食感がイマイチ。。。

それと、ビールを大瓶で3本。
一気にガブガブ飲んでしまったので、お腹いっぱいな上に顔が真っ赤になってしまい、これにて飲食は終了~。

メニューが豊富すぎて悩むよね

メニューが豊富なのも困ったもので、これは嬉しい悩みですね。
シンハービール、レオビール共にビールは大瓶でこのお値段。
お店によったら、小瓶でもこれ以上しますよね。

これはほんの一部です。
こーーーんなにあったら悩みますよね。
人気メニューはどれなんだろう?


持ち帰りメニューもあるんですね。
これはご飯もセットになってるし、すんごくお得!
この近辺にゲストハウスもいくつかあるみたいだし、在タイ者の1人ご飯にもいいですね。

店内の雰囲気

夕方17時に行ったのですが、さすがにこの時間はお客さんは私たちともう一組のみ。
8時頃にもう一度通った時には満席状態になっていました。

日本人も行くみたいだけど、よく見かけるのは西洋系の方も多いですよね。

はじめてのイムちゃん。
ちょっと思っていた味付けとは違っていましたが、旅行者には良いのでは?ないでしょうか?
このオープンエアな食堂の雰囲気も旅行気分を盛り上げてくれるはずです。