見THAI! 知りTHAI! Local Spot!

タイと日本と少しネコ

PENINSULA② THE LOBBY アフタヌーンティ【バンコク】

在タイ者プロモーション@ザ・ペニンシュラ・バンコク

【訪問日】2018.8
【時 間】1泊2日
【費 用】10200Baht
     (朝食・アフタヌーンティー・ディナービュッフェ含)
【場 所】チャオプラヤ川近く


アクセス

ペニンシュラへの行き方はPENINSULA①の別記事を参考にしてください。
misakoko.hatenablog.com

今回の記事のアフタヌーンティができるお部屋はレセプション近くにあります。

席の予約ができるんだった!

アフタヌーンティーは2時から開始なので2時ちょうどに行こうと思っていたのですが、宿泊するお部屋のことで色々とあったのでちょっと遅くなってしまいました。
これについては、施設内の記事の時に書きたいと思います。

そんなこんなをしていたら、2時20分ごろにアフタヌーンティーができるお部屋へ到着いたしました。

窓際のいい場所はすでにお客さんが・・・そりゃぁそうですよね。
係りの方に「予約はいれていますか?」と聞かれたのですが、
その時にハッと気づきました。

早めにペニンシュラに到着していたので、ここにあらかじめきて席を確保しておけばよかったと。

ちなみに…在タイ者プロモーションで利用する人は、レセプションでクーポンやチケットをもらえるわけではなく、さらに、自分で予約を入れないといけなかったようです。
でも、予約を入れていなくても入れるのでOK
ただし、お会計の時にご注意を。

紅茶がおススメ!

席につくと、ペラリとしたメニューを渡されました。
アフタヌーンティーの内容でした。
f:id:misakoko:20180923111823j:plain

もし、この在タイ者プロモーションではなく、個別で来た場合であれば、お値段はというと
お茶だと2人で1400Baht++
シャンパンだと2人2500Baht++

内容はというと、この通り。
結構なボリューム!
f:id:misakoko:20180923111927j:plain

飲み物はこちらから選ぶことができました。
お茶のことが全く分かっていないので、係りの方におススメを聞いてみると、
Black TeaのMarco Poloがおススメだと教えてくれたので、こちらを2人ともチョイス。
というのは、1人ずつ1ポット選べるのでそれぞれが楽しめるんです!!
f:id:misakoko:20180923112417j:plain

じゃんじゃん来るよーーー

おススメのお茶を頂くと、いい香り―!!
これにしてよかったぁー。
というわけで、これおススメです。
きっとどれも美味しいんだろうけど。

お茶を頂いていると、やってまいりました!!
お菓子前のシャーベット。
さっぱり。

そして、どどんっと次々にやってまいりました。
まさかの3段+もう1皿と来ました。

では、1皿ずつご紹介。
こちらはサンド系のもの。

甘い系のお菓子2段構え!
どれもホント美味しかったんです!!!

特にこのチョコのプルンとしたケーキが好きだったな。

こちらのスコーンがすんごくて。
巨大な上にずっしり系。
これは、持ち帰りにするのがベストですよ!!!
私は持ち帰れることを知らなかったのですが、
周りを見回すと皆さん何かしらを持ち帰っていました。。。

いやぁ、こんなに食べたら晩御飯が食べられなくなっちゃう。
とか言いつつ、晩御飯もしっかり食べたんですが。

そうそう。
スコーンにつけて食べるこのジャムやバターも美味しかったな。
でも、なぜかフォークでつけるみたいで、
すくえないし、つけづらい。

またまた最後に同じシャーベットがやってきました。
でも、これを食べている人は他にはいなかったような?
間違い?正解?

お部屋の内装

予約するんだったらここのお席が良さそうですね。
眺めが一番よかったと思います。
ちなみに、時期にもよると思いますが、朝食をこちらで頂くこともできる様でした。
それは、また朝食記事の時に。

ピアノ演奏があったり、

お花もキレイに飾られていたり、

ホントに優雅なお茶でした。
落ち着いていてガチャガチャもしていなかったのでよかったな。
もちろんお子さん連れもいて、その方はソファー席で食べられていました。

素敵なアフタヌーンティー!
また来てもいいなーとさえ思いました。
それぐらいよかった!

在タイ者プロモーションの方はご注意を

最終的なお会計は1647.80Bahtでした。
個別でこちらに来ればこのお値段なんですね。
f:id:misakoko:20180923115535j:plain

私は、このお会計を見て、事前にこういうものを込々で支払っているのに…なぜまた請求が?と。
チェックアウトの時にうまく処理をしてくれればいいのですが、
到着した時からのレセプションのあの感じでは怪しいなと思い、
一応ここでサインをして席を立ちました。

部屋に戻り、ツアー会社に電話をすると、それはおかしいから今すぐにレセプションに連絡をし、ディナーもそうならないように手配しておくとのこと。
こういうことが何軒かあり、チェックアウト時に料金を請求され支払ったケースもあるんだとか。

というわけで皆さまもお気をつけください。

PENINSULA① ホテル【バンコク】

在タイ者プロモーション@ザ・ペニンシュラ・バンコク

【訪問日】2018.8
【時 間】1泊2日
【費 用】10200Baht
【場 所】チャオプラヤ川近く

7月末に旅行に行くし、8月の3連休どうしようかなーと思い始めた4月。
そういえば、ペニンシュラで在タイ者プロモーションやってたよなと思いたち、次の日には予約を入れて入金も済ませてしまいました。
確かに、お得でちょっと旅行気分なペニンシュラなかなかよかったです。
ただ、私たちには試練が・・・
この記事では、ペニンシュラまでのアクセスを主に記したいと思います。

アクセス

BTSサパンタクシン駅を降りて、ペニンシュラの送迎フェリーに乗り5分ほどで到着。
詳しくは下にて。

BTSサパンタクシンから船着き場まで

BTSサパンタクシン駅を降りて、2番出口を目指します。

ペニンシュラと駅の位置関係はこのような感じで、
上にもちらっと書いたように、BTSサパンタクシン駅から船に乗り換える必要があります。

その船着き場には、2番出口をでて、とにかくまっすぐまっすぐ。
私もここに来るのは2回目だったのですが、怪しい雰囲気でホントにここだったっけ?と不安になる感じでしたが合っていました。

船着き場からペニンシュラへ

さて、船着き場に到着すると、
いろーーーんなホテルのシャトルボートの時刻表が掲示されています。
こちらはRAMADA PLAZA

ANANTARAとAVANI
朝7時から夜中12時まで20分毎!
夜遊びし放題!!

CHATRIUMの時刻表

ざっとこんな感じで他にもたくさんありました。
この近辺にどれぐらいのホテルがあるのかというと、こんなにもあるみたいです。
わお!

そんなにたくさんある中の1つにPENINSULAもあり、こちらは時刻表という時刻表がありませんでした。
まぁ、近いので時間に関係なくずーっと行ったり来たりを繰り返しているのかな?

この掲示があったのはこちら。
ウロウロしていたら係りの方に話しかけられました。
f:id:misakoko:20180922122941j:plain

こちらの方。
帽子にPENINSULAと書いてあるのですぐにわかると思います。
この方に、ペニンシュラに行きたい旨を伝えると、来たら呼ぶから待っててと言われました。
たしか・・・英語だったかな?
f:id:misakoko:20180922123007j:plain

さて、座って待つことに。
5分ほどすると「ペニンシュラ―ペニンシュラ―」と。
さらに、オジサマが私たちを呼びに来てくれました。
優しい!ありがとう!

乗るのは、こちらの船。
船の屋根にもPENINSULAの文字が書かれてあります。

船で移動すること5分。
ゆらゆらワクワクが止まりません!
ペニンシュラというか、チャオプラヤ川に泊る方は絶対にシャトルボートを利用した方がイイですね。
ちなみに、船内では水ももらえるようでした。

さて、船旅は終了。桟橋を渡るとそこはペニンシュラ!

というわけで、ようやくペニンシュラに到着し、1泊2日ペニンシュラを満喫することになります。

シャトルボートサービスが充実している!!!

ちなみにこのシャトルボートはサパンタクシン←→ホテルの送迎以外にも、
対岸にあるRiver Cityにも行けるようで、朝10時から夜7時まで。
でも、ここのモールはおススメではありませんが、
Warehouse 30、Old Custom Houseなどを巡って、帰りはサパンタクシンから船に乗るのもいいかもしれません。

さらに、Asiatiqueに送迎してもらえるのもいいですね。
在タイ者プロモーションでは時間的に利用できないですが、旅行者のお泊りの人であればこれは嬉しい!!
金土日に7時ペニンシュラを出発、10時にお迎え、アジアティークを出発。


次は、ペニンシュラのお部屋や各施設についてを書きたいと思います。

つづく。

MIKUCHA タピオカティー【バンコク】

タピオカティー@MIKUCHA

【訪問日】2018.9
【時 間】30min
【費 用】35Baht
【場 所】BIGC ラチャダムリ店4階

どれだけタピオカティーにはまってるんだ!?という感じですが、美味しいんですよね。
ここは、なにがってコスパ最高なタピオカティでした。

アクセス

BTSチットロム駅から6番出口を目指していると、スカイウォークが現れ、右手にゲイソーンの入口があるので、その中を通り抜けるとBIGCにつながるスカイウォークにつながっています。

怪しすぎる店構え

絶対!とは言い切れないけど、日本っぽく作ってるだけよねって感じの店構え。
正直ここで注文するのはだいぶ躊躇しました。
キャラクターの女の子のイラストが和服着てるけど、日本人ぽくないよね。

しかし!コスパ最高だった

これが、飲んでみると結構普通な感じで美味しい上に、BIGサイズ!!
さらに、なんと1杯35Baht!
しかもしかも結構便利な場所で。
これは嬉しい。

他にもメニューはあって、ごま入りなんかもあるみたいですね。

その他も30Baht~45Bahtの間の価格帯。
前に、催事でこれぐらいの価格のを飲んだらほぼ砂糖水だったんですが、ここはそんなことなくちゃんとミルクティでした。

そんなに店舗数もないだろうと思っていたらそんなこともなく、
Googlemapに「MIKUCHA」と入れてみてください。
結構な数。
もしかしたらお近くにもあるかもですね。

こちらFacebook
https://www.facebook.com/MikuchaOffice

全然違う話

最近、SUPERRICHが勢力をあげております。
BTSチットロム駅にも2店舗でき、さらに、BIGC内にも!
スカイウォーク入ってすぐの所なので、これは便利。

FUKUMACHA お茶【バンコク】

お茶@FUKUMACHA

【訪問日】2018.9
【時 間】30min
【費 用】40Baht
【場 所】BIGC ラチャダムリ店4階

最近、タピオカ入りの飲み物にはまっているのです。こういうの飲んでばっかりだと太ってしまうとわかってはいるのですが、やめられない止まらない・・・。
f:id:misakoko:20180920210255j:plain

アクセス

BTSチットロム駅の6番出口を目指してスカイウォークを歩くと、ゲイソーンの入口があります。
そこを通り抜けると、BIGCにつながるまたまたスカイウォークがあります。

ホントに合うのか・・・?

ここのおちゃって抹茶や他のもあるけど、ほうじ茶もあります。
しかも、このほうじ茶にミルクが入っているから、日本人的には・・・・な気持ちでした。
でもスタバにもあるんですよね。飲んだことないけど…

そんなことを思いつつ、飲んでみると!
意外とさっぱり美味しいーー。
というわけではまってしまいましたよ。

しかもこれは1杯40Baht
もしかしたらこれはプロモーション中なのかな?
思いのほかBIGサイズ!!

インスタを眺めていると、どうやらこの上にソフトクリームを乗せてもらうのが人気の様子。

他にも色々とあるよ

価格帯としては、KAMUに比べると高め。
でも、種類が豊富ですね。

抹茶ミルクも飲んでみたのですが、私はこれはあまり好きな味じゃないかな。

ポイントカードもあり

1個買うと1個押してくれて、10個貯まると1杯分が無料になる様です。

日本人も携わって・・・

いないですよね?これ。
どうなんでしょう。

言わんとすることは分かるのですが、日本語がかなり変。

さっきのポイントカードにも怪しい日本語が。

でも美味しいからやめられません。

FUKUMACHAの店舗はいっぱい

BIGC以外にどこにあるんだろうとFacebookを見ていたら、サイアムセンターの4階にもあると。
他にもまっだまだたっくさん!

もし、機会があったら試してみてください。
ちなみに私はこの日の晩は、ご飯がほぼ食べられませんでした。
満腹すぎて。
th-th.facebook.com

Club stern Mae Klong Luang Restaurant タイ料理【サムットプラカーン】

メークロンルアンレストラン@プラジュンジョムクラオ要塞

【訪問日】2018.9
【時 間】2hour
【費 用】298Baht/2人
【場 所】チャオプラヤ川沿い(ほぼ海!)
【入館料】無し

こちらの要塞と軍艦を見た後にお腹が空いたので寄って帰りました。
事前にこちらの評価が良いことはわかっていたのですが、確かに納得!

アクセス

おそらく、このレストランだけのために行く人っていないと思うので場所だけ…

メークロン号からすぐ近くにありました。
ちょっと奥の方にあってわかりにくいかも?

この写真はメークロン号から撮影。
左の方の赤い大き目の建物がレストランになっています。

タイ文字だけど大丈夫!

ここってそういえば、軍の管理下にあるから外国人ってほぼ来ないですもんね。
なので、メニュー表はタイ文字のみ!!
わーーーっと思ったけど、写真もあるし全く問題なしでした。

そのメニュー表はこちら。



営業時間はこちら?
ただいまタイ文字を取得中のためまだ読めません。。。

ビールを飲みたい方は、
ハイネケンやLEOがあるようで、しかも大ビンです。

注文したのは定番の

周りを見回すと、大きな魚を揚げたのとかスープ飲んだりとかされていました。
が、私たちはそんなに食べれないなと思い、こちらをチョイス。
安定のこちら。
でも、量が思いのほか多かったかな。

カオパットクン(海老チャーハン)Mサイズ
パラっとしていて美味し!
塩加減は薄味。

トートマンクン(海老のすり身揚げ)
これはホックホクでぷりぷり!

身がぎっしりでこれまたボリューム満点でした。

ソムタムタイ(パパイヤサラダ)
ちょっとだけ辛くしてもらいましたが、あまりピリピリせず。
もう少し辛くしてもよかったかも?
でもこちらもすんごい量。

あと、付け合わせのあれこれ。
いつもこれ出てくるけど、ほんのちょっとかじるだけで終わっちゃいます。

私たちは小食なのかこの3品で満腹で晩御飯は食べられませんでした・・・。
量にご注意を。

店内の雰囲気

もちろんみなさんタイ人タイ人タイ人!
そんな中に私たちが行ったもんだから、英語を話さなきゃってなったようで店員さん3人も来て注文を聞いてくれました。

オープンエアなので、蒸し蒸ししていましたが、たまぁに風が吹くと心地よい。
さらに景色も悪くなかったです。

そしてそして、おサルさんまでやってきてバナナをもらって行きました。
きっと毎日あげてるんだろうな。

食べ終わった後の机の片づけを見ていると、
机の上を洗剤であらってキレイにしておりました。

そして、次の人の為にテーブルセッティング。

気になるお会計は?

予想では500Bahtぐらい?と思っていたのですが、驚愕の金額!
思わず写真を撮りました。

全部でこれだけ。
まさかの298Bahtでした。

内訳はと言うと、こちらが食べ物。
上からチャーハン、トートマンクン、ソムタムタイかな?

飲み物。
私たちが飲んだのは、コーラとソーダー水。
それと、氷をバケツ1杯。

途中で席からいなくなる

お客さんが、食事中にいなくなるのでどこに行ってるんだろうと思っていたら、
お土産を買いに行っているようでした。
このレストランの入り口で屋台ではないけど、作り売りをしていてそこで買ってきている様子。

結構な人が買っていたので、美味しいのかも?

プラジュンジョムクラオ要塞に行くことがあれば、是非こちらのレストランで昼食か晩御飯をおススメ致します。